みかん大好きちゃんのお役立ち

ゲームを中心に日々の生活にちょっと嬉しい役立つ情報を届けます!

ゲーム

メッセージの早送りの未読・既読について【メルルのアトリエDX】

投稿日:2020年8月27日 更新日:

メルルのアトリエDXでのイベントの時に早送りが出来ますよね。その時に未読の文章の時は早送りがされるかされないかは気になりますよね。

そこで今回はメッセージの早送りについて紹介したいと思います。



早送りは未読・既読の区別はしているのか

残念なことですが、未読と既読の区別はしていないようです。

1周目で絶対に見ていないイベントが、2周目でも早送りされてしまったのでこれは間違いないです。設定画面で切り替えとかできないかなと思い探してみましたが、設定はできませんでした。

ですので、「間違いなくこのイベントを見た」と確信できない場合は、イベントの早送りはしない方が良いです。

エンディングでの早送りについて

エンディングのイベントもYボタンを押すと容赦なく早送りされます

ラストは謁見室に行った後、「イベント①→エンディングロール→イベント②」という流れなのですが、イベント①についてはどのエンディングでも同じです。ですので、イベント①は早送りしても良いです。

エンディングロールになったときに1つ注意点があります。ここで表示はされていませんが、早送りをイベント①でした場合は1回Yボタンを押してください。Yボタンを押していないと早送り設定が元に戻らないままイベント②へ突入してしまいます。

イベント②はエンディングの種類によって内容が違うので早送りはしたくないと思います。ですのでエンディングロール中に早送りの設定をOFFにするためにYボタンを押しましょう。

私は1回押さずにイベント②を迎えたら早送りになってしまいやり直しをする羽目になりました…

まとめ

  • 未読と既読の区別はしていない。
  • 設定画面での変更もできない。
  • 見たと確信するまでは早送りはしない方が良い。
  • エンディングロールの前のイベントを早送りした場合は、エンディングロール中にYボタンを押すこと。

私はなんとなく勝手に未読文章は早送りされないんだろうなと思っていましたが、どう考えても見ていない文章まで早送りされてしまったので自分で判断するしかないことを悟りました。

それもあったので、エンディングも警戒してYボタンを押したのですが正解でした。(1回押し忘れてしまいましたが…)

読んでいただきありがとうございました。少しでもお役に立てれば嬉しいです。







-ゲーム
-

執筆者:

関連記事

賢者の石の材料の失敗作の灰の入手方法【ソフィーのアトリエ】

ソフィーのアトリエには、賢者の石というアイテムというアイテムがあります。このアイテムは、所持の有無でエンディングが変化するという役目もありますし、調合の材料としても便利です。ただこのアイテムの作成の材料に失敗作の灰というものがあります。ただ、どこにあるのかわからないという人もいるのではないでしょうか …

テイルズオブヴェスペリアリマスターで2周目を始める前に最低限準備しておいた方が良いことを紹介

テイルズオブヴェスペリアでは、周回プレイをするときに一部の項目が引き継げるので次の周回を始める前に準備をしておくと楽になります。ただ、じゃあ具体的に何を準備すればよいのかというのはいまいちわからなかったりしますよね。 そこで今回は、テイルズオブヴェスペリアリマスターで2周目を始める前に最低限やってお …

防具を調合するまでの方法【ライザのアトリエ2】

ライザのアトリエ2では、防具は基本的に作った方が良いです。買うこともできますが、弱いので。ただ、作成が出来るようになるには、スキルツリーを開放する必要があります。 そこで今回は、防具を調合するまでの方法を紹介したいと思います。 目次1 スキルツリーで開放すべきところ2 ちなみに武器は3 まとめ スキ …

アンブロシアの花冠取得「漆黒の乙女」のいる場所【ソフィーのアトリエDX】

ソフィーのアトリエでは、レシピを取得するために条件を達成する必要があります。その中で不思議のレシピのアンブロシアの花冠の取得に「漆黒の乙女の討伐」というものがあります。 これは、漆黒の乙女を倒すというものですが、どこいいるのかわからない人もいるのではないでしょうか。 そこで今回は、「漆黒の乙女」のい …

遙か7でAボタンの押し過ぎでセリフが飛んでしまうのを解決する方法

遙かなる時空の中で7でAボタンを押すと次のセリフに進むことが出来ます。この時にAボタンが押しっぱなしだと、どんどん次のセリフに進んでしまうんです。意図していなくても進んでしまうことがあります。 そこで今回は、次のセリフに勝手に進むのを防ぐ方法を紹介したいと思います。 目次1 押し過ぎになりやすい状態 …