みかん大好きちゃんのお役立ち

ゲームを中心に日々の生活にちょっと嬉しい役立つ情報を届けます!

ゲーム

メッセージの早送りの未読・既読について【メルルのアトリエDX】

投稿日:2020年8月27日 更新日:

メルルのアトリエDXでのイベントの時に早送りが出来ますよね。その時に未読の文章の時は早送りがされるかされないかは気になりますよね。

そこで今回はメッセージの早送りについて紹介したいと思います。



早送りは未読・既読の区別はしているのか

残念なことですが、未読と既読の区別はしていないようです。

1周目で絶対に見ていないイベントが、2周目でも早送りされてしまったのでこれは間違いないです。設定画面で切り替えとかできないかなと思い探してみましたが、設定はできませんでした。

ですので、「間違いなくこのイベントを見た」と確信できない場合は、イベントの早送りはしない方が良いです。

エンディングでの早送りについて

エンディングのイベントもYボタンを押すと容赦なく早送りされます

ラストは謁見室に行った後、「イベント①→エンディングロール→イベント②」という流れなのですが、イベント①についてはどのエンディングでも同じです。ですので、イベント①は早送りしても良いです。

エンディングロールになったときに1つ注意点があります。ここで表示はされていませんが、早送りをイベント①でした場合は1回Yボタンを押してください。Yボタンを押していないと早送り設定が元に戻らないままイベント②へ突入してしまいます。

イベント②はエンディングの種類によって内容が違うので早送りはしたくないと思います。ですのでエンディングロール中に早送りの設定をOFFにするためにYボタンを押しましょう。

私は1回押さずにイベント②を迎えたら早送りになってしまいやり直しをする羽目になりました…

まとめ

  • 未読と既読の区別はしていない。
  • 設定画面での変更もできない。
  • 見たと確信するまでは早送りはしない方が良い。
  • エンディングロールの前のイベントを早送りした場合は、エンディングロール中にYボタンを押すこと。

私はなんとなく勝手に未読文章は早送りされないんだろうなと思っていましたが、どう考えても見ていない文章まで早送りされてしまったので自分で判断するしかないことを悟りました。

それもあったので、エンディングも警戒してYボタンを押したのですが正解でした。(1回押し忘れてしまいましたが…)

読んでいただきありがとうございました。少しでもお役に立てれば嬉しいです。







-ゲーム
-

執筆者:

関連記事

序盤にマムルを利用して効率良くレベルアップをする方法【風来のシレン5】

風来のシレン5は、ダンジョンに入るたびにレベルが1からになります。このレベル、早めに上げる方が序盤が楽になります。マムルを利用するとレベルアップさせやすいです。 そこで今回は、序盤にマムルを利用して効率良くレベルアップをする方法を紹介したいと思います。原始に続く穴だとして紹介します。 レベルアップ方 …

原始に続く穴での失敗例を紹介【風来のシレン5】

風来のシレン5では、思わぬ失敗をしてしまうということが結構あります。ただ、事前に知っているのと知らないのでは知っている方が失敗する可能性は低いですよね。 そこで今回は、原始に続く穴での失敗例を紹介したいと思います。 *原始に続く穴以外でも参考になるとは思います。 身かわし香の壺の失敗 身かわし香の壺 …

品質999効果MAXの種と品質59の種で収穫できるものの違い【ライザのアトリエ】

ライザのアトリエでは、種を調合して畑に植えることでアイテムを採取することが出来ます。このときどんな種を植えるかによって採取するアイテムの内容が変化します。 そこで今回は、品質999で効果を全部付けた種と品質59で効果なしの種で収穫できるものを比較した結果を紹介したいと思います。今回は石の種で比較しま …

沈黙の魔獣の倒し方【ソフィーのアトリエDX】

ソフィーのアトリエでは、沈黙の魔獣を倒すと欠片が集まりやすいという場面になることがあります。ただこの沈黙の魔獣、今まで出てきた敵に比べたら強いです。 そこで今回は、私が沈黙の魔獣を倒したときの倒し方を紹介したいと思います。 沈黙の魔獣のいる場所 倒し方の前に、沈黙の魔獣のいる場所を紹介します。 沈黙 …

スパイドでのレベル上げがうまくいかないときのアーツや動き【ゼノブレイドDE】

ゼノブレイドDEでは、レベル70くらいになるとテフラ洞窟でスパイドというモンスターを使ってレベル上げができるようになります。ただ、実際やってみるとパーティーゲージがうまくたまらなくて失敗してしまう場合があると思います。私がそうだったので、アーツや動きを見直したりしたらうまくいきました。 そこで今回は …