みかん大好きちゃんのお役立ち

ゲームを中心に日々の生活にちょっと嬉しい役立つ情報を届けます!

その他

【騒音対策】手作り防音マイクの作り方と効果を紹介

投稿日:2020年7月18日 更新日:

家で思いっきり声を出したいけど、迷惑になるから声をだせないというときはありませんか?

そこで今回は、防音マイクを作ってみたので、その詳細と効果を紹介したいと思います。



防音マイクとは?

防音マイクは、口を覆うような形になっているマイクです。口を覆っているため、完全ではないですが音を遮断することが出来ます

市販のものもたくさん売っていますが、買ってみるまで効果がわからない&お金がかかるため、いったん手作りをしてみることにしました。

防音マイクの作り方

防音マイクを以下のように作っていきます。足りないものは100円ショップで買いました。

作り方準備編:用意するもの

  • メガホン
  • 低反発のマット
  • ティッシュ

作り方①:低反発のマットを巻いてメガホンの形にする

低反発マットの先端を紐で縛ります。

作り方②:メガホンに入れて形を整えてひもで縛る

作り方①で作成したものをメガホンに入れた後、低反発マットを外側に折り曲げます。折り曲げたところを紐で縛ります。以下のようになるはずです。

作り方③:ティッシュを詰め込む

このままでもほぼ完成ですが、ティッシュを詰め込むことにより、より防音性がアップします。メガホンの小さい側にティッシュを何枚か詰め込みます。

以上で完成です!

マイクで鼻と口を覆って使えば防音効果があります。

注意点としては、呼吸対策はないので、こまめに顔から離して息継ぎをしてください

手作り防音マイクの効果はどうなの?

上記で手作りマイクを作ってみましたが、防音がされていないと意味がありません。そこで、デシベル(音の強さを表す単位)を測れるアプリで効果を確かめてみました。
アプリなので正確ではないかもしれませんが、おおよその目安にはなると思います

効果の測定方法

スマホを左手で持って、顔から30cmくらいのところで測ります。右手には防音マイクを持っています。

「あー」と言い続けて、マイクを覆ったり離したりしてデシベルを測ります。

効果の測定結果

マイクを使わなかった場合は「約90デシベル」でした。目安としては「カラオケ(店内中央)」らしいです。

マイクを使った場合は「約65デシベル」でした。60デシベルが「普通の会話」、70デシベルが「騒々しい事務所の中」とのことなので、だいぶ防音されました。

この後、顔とスマホの距離を1mくらいにしたところ「約60デシベル」になりました。部屋の外であれば小さくなっていそうなため、周りに迷惑がかかる可能性はだいぶ少ないと思います

まとめ

  • 安く簡単に作ることができる。
  • 「カラオケ(店内中央)」から「普通の会話」レベルまで音量を下げることができる。

音の大きさは人それぞれだったり、使う場所の環境によって違いは出てくるかもしれませんが、デシベルが小さくなることは間違いないと思います。
思いっきり声を出したい場合試してみてください!息継ぎは忘れずに!

読んでいただきありがとうございました。少しでもお役に立てれば嬉しいです。







-その他
-

執筆者:

関連記事

ステッパーのギシギシ音を解決する方法【プレミアムツイストエアロステッパー】

家の中で手軽に運動できるステッパー良いですよね。ただいくら丈夫なものでも使っているとそのうちギシギシ音が鳴ることがあります。私はプレミアムツイストエアロステッパーというものを使っているのですが、何回も使っているうちに音が鳴り始めました。 そこで今回は、ステッパーのギシギシ音を解決する方法を紹介したい …

ひっくり返っているセミの生死の見分け方

夏の風物詩ともいえるセミ。よく地面でひっくり返っていますよね。その時に、もう死んでいるかと思ったら実は生きていてびっくりした、そんな経験をしている人も多いんじゃないでしょうか。 そこで今回は、ひっくり返っているセミの生死の見分け方を紹介したいと思います。 セミの生死の見分け方 セミの生死の見分け方は …

片付けで壁を利用する方法

片付けをしたいと思っても収納スペースが足りないということがありませんか。でもそんなときでも壁は余っていたりしますよね。 そこで今回は、片付けで壁を利用する方法を紹介したいと思います。 壁に格子状のアイテムを付ける 画像のような100円ショップなどで売っている格子状のアイテムを取り付けると壁を上手く使 …

フラフープを落とさないようにするコツについて

運動不足解消として使えるフラフープ。久しぶりにやると意外にできなかったりしますよね。 そこで今回はフラフープを落とさないようにするコツを紹介したいと思います。 落とさないコツ 落とさないコツは単純で、腰を前後に振るということです。 フラフープは回すものということで、ついつい腰を円を描くように回したく …

【おすすめ】二度寝をしないで起きることが出来る!テレビを目覚まし時計の代わりにする方法を紹介

朝起きられない、目覚まし時計をかけても2度寝をしてしまう。そう悩んでいる人はいませんか? そこで今回は、なかなか起きられない人でも起きやすくなる、テレビを利用した目覚まし方法と、その良い点・注意点を紹介したいと思います。 二度寝をする人はテレビを使え! お勧めするのはテレビの視聴予約を使った方法です …